読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LITERALLY

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

これで十分!ウェブデザインの参考になるギャラリーサイト8選

デザイン

デザインを0から全て考えつくのは難しい。ぼくは元々グラフィックデザインを中心にやってきたから、ウェブデザインを始めてから特にそう感じる。ウェブ上で何ができて、何ができないのか、完全に把握していない中では、既存のイケてるサイトを参考にしながらサイト構成を考えるのが最も効率が良いと思う。

今回は、ぼくがウェブデザインをするときに参考にしているウェブデザインギャラリーを整理がてらまとめてみようと思う。古風であまりオシャレでないウェブサイトを集めたギャラリーサイトは完全に除いている。

 

1. 今風のレスポンシブ・ウェブデザインサイトだけをまとめた「RWD JP」

f:id:tsukuruiroiro:20161102154808j:plain

レスポンシブ・ウェブデザインのサイトのみを集めたギャラリーサイト「Responsive Web Design Japan」。各サイトのサムネイル画像が①モバイル ②タブレット ③PC の3パターンとも表示されており、とても参考にしやすい。もちろんこのギャラリーサイト自体レスポンシブなので、スマホからでも楽にチェックができる。

Responsive Web Design JP

 

2.国内外のオシャレなサイトだけが集められた「I/O3000」

f:id:tsukuruiroiro:20161102154815j:plain

I/O3000は国内に限らず海外のウェブデザインを多く紹介している。ウェブデザインのトレンドもやはり海外から始まり日本に入ってくることが多い。海外の斬新なデザイン構成を見ることで発想は広がる。

I/O 3000 | Webデザインギャラリー

 

3.縦長のウェブページだけを集めたギャラリーサイト「MUUUUU.ORG」 

f:id:tsukuruiroiro:20161102154822j:plain

企業の公式ページや、ランディングページでトレンドとなっている1枚ペラで縦長のウェブページだけを集めたギャラリーサイト。制作が楽で、クライアントからの依頼も増えてきているのでブックマークしておくといざというときに役に立つかもしれない。

縦長のwebデザインギャラリー|MUUUUU.ORG

 

4.日本で最も情報量の多いデザイン情報サイト「Photoshop VIP」

f:id:tsukuruiroiro:20161102154831j:plain

 定番中の定番のデザインデータベースサイト。デザインに関する情報はまずここをチェックするのが確実。大量にまとめられたHTMLテンプレートをチェックするだけでもかなり面白い。左サイドバーから様々なカテゴリーが選択でき、検索でも大抵のキーワードが引っかかる。

 

5.フラットデザインのウェブサイトだけが集められた「FlatDSGN」

f:id:tsukuruiroiro:20161102154848j:plain

スマホ時代の到来により昨年あたりからトレンドとなっているフラットデザイン。「FlatDSGN」は海外のサイトで、まとめられているウェブサイトも基本的に海外のもの。スクロールして見進めるだけでも面白いはず。

FlatDSGN

 

6.情報量がハンパじゃない海外ウェブデザインギャラリー「AWWWARDS」

f:id:tsukuruiroiro:20161102154855j:plain

インデックスされているウェブサイト量が膨大。カテゴリー、タグ、カラー、など絞っていく良い。デザイン・ユーザビリティ・コンテンツの質などが数値化されて、評価されているのが面白い。

Awwwards

 

7.トレンドをおさえた国内のウェブページが集まる「straightline」

f:id:tsukuruiroiro:20161102154916j:plain

無限スクロールでトップページの画像を大量に閲覧することができる。自分の探しているパーツやデザイン構成を含むウェブページを効率良く探せるので良い。

Web Design Bookmarking

 

8.オシャレなモバイル・アプリデザインが集められた「Mobile Mozaic」

f:id:tsukuruiroiro:20161102154926j:plain

スマホ向けのモバイルデザインだけを集めたギャラリーサイト。iPhoneアプリデザインが一気に見れるのはアプリ制作をしている人にとってはかなりありがたいはず。

MobileMozaic

 

個人的には、これだけあれば十分ではないかと思う。秀逸なウェブデザインを多くインプットすることはデザイン力を上げる手っ取り早い方法に違いないはずだ。

 

関連記事