読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LITERALLY

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

目の前にいる人と向き合わずにスマホをいじる人

http://www.flickr.com/photos/75143715@N07/8243816785photo by Emanuele Faja

目の前にいる人との時間を大切にする人は素敵だ。
ぼくの友人に、誰かと話しているとき、遊んでいるときにスマホを触らない人がいる。一緒にいる時間を大切にしてくれているようで、その人といる時間はとても心地が良い。

 

誰かといるときにスマホを触っていることは、楽だ。

ツイッターを見れば話題を提供してくれるし、facebookを見ればウワサ話のネタを提供してくれる。スマホを触っていれば、会話が途切れても不自然じゃないような気がする。会話が盛り上がらなくても、「スマホを楽しんでいる自分」でいることで、気まずい時間をやり過ごすことができる。

 

でも、たまには目の前の人との時間にちゃんと向き合ってみてはどうだろうか。
インターネットの向こうにいる不特定多数の人たちより、いつでも見れるニュースより、この瞬間に一緒にいる人との時間のほうがずっと大切なはずだ。相手が自分の大切にしたい人ならなおさらだ。

 

最近、休日にファストフード店に行ったとき、子連れの家族を何組か見かけた。母親が子どもの話に付き合っているのに、父親はつまらなさそうにスマホをいじっているという光景が驚くほど多かった。

インターネット上の相手と常につながっていないと、そんなに困るのか。情報にふれてないと落ち着かなくても、土日ぐらい子どもを楽しませることに全力になるべきではないか。

 

スマホがあればどれだけでも時間が潰せる。楽しいゲームが無限にある。毎時、面白いニュースが厳選されて届いてくる。役に立つ情報がウェブ上にはたくさん転がっている。

ただ、それらのモノに、目の前の人と共有している時間を超えるほどの価値はないはずだ。スマホに逃げずに、相手と今、この瞬間に共有している時間をなにより大切にしてはどうだろうか。