LITERALLY

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

写真をオシャレに整理するならTumblrが最強。【超簡単なポートフォリオWebサイトの作り方】

f:id:tsukuruiroiro:20161102111408j:plain

写真を撮ったらせっかくだから多くの人に見てもらいたい。しかし、てきとうに作られたブログにアップするだけでは綺麗に撮られた写真も、価値が半減してしまう。逆に言えば、写真は見せ方・まとめ方によって、何倍もカッコよく見せることが可能だ。

「写真を整理がてら、綺麗にWeb上で公開したい」と思いながら「Webページを個人で作るのは面倒だし、お金がかかりそう」と諦めてしまっている方には、是非Tumblrをお薦めしたい。Tumblrとは、ミニブログ、写真、映像、音楽など様々なメディアをまとめて表現できるマイクロブログサービスだ。2011年より日本でサービスが開始され、日本でも段々と認知度が高まってきている印象を受ける。

Tumblrを使えば、flickrなどの写真共有サイトにアップするより、オリジナリティ溢れる自分だけのポートフォリオサイトが簡単に作れる。デザインはオシャレだし、サーバー代や登録料も一切かかわらないし、広告も一切表示されない。 

 

具体的な手順を説明する前に、まずはいくつか例を紹介。

Tumblrで作られた「写真をオシャレにまとめたWebページ」

Hello kitsu 

※タイトルがリンクになっています。

f:id:tsukuruiroiro:20141027192325p:plain

柴犬のkitsuちゃんの日常が綴られた写真日記。シンプルなグリッド型でスクロールだけで楽に見進めることができる。

 

Now you're cooking

f:id:tsukuruiroiro:20141027192327p:plain

企業のWebページだが、ページ下部で写真が綺麗にまとめられている。

 

猫の写真展

f:id:tsukuruiroiro:20141027192328p:plain

日本各地の飼い猫を紹介するサイト。シンプルなサイト構造でとても見やすい。

 

Tumblrでオシャレな写真ギャラリーを作る方法(≦1時間)

※写真に限らず、イラスト・映像などの作品のポートフォリオサイトとしてもおすすめ

こちらからTumblrに登録

ひとつアカウントがあればいくつでもページが作れる。登録方法はとても簡単だが、分からなければ「Tumblrをはじめよう! / 登録から使い方まで - GreenSpace」が参考になるはず。

 

②テーマをインストールする

f:id:tsukuruiroiro:20141028211526p:plain

気に入ったデザインのテーマを見つけたら、テーマページの右上の「設定する」ボタンをクリック。

下に無料でかっこいい、写真ギャラリーにおすすめのテーマをまとめてみたので、まずはそこからインストールしてみると良いかも。携帯でもデザインの良さを残したまま見やすく表示される「レスポンシブデザイン」のテーマも多い。

 

③写真をアップロードする

あとは写真を順番にアップロードしていくだけ。大抵のテーマでは動画も写真と同じように綺麗に表示されるはず。後でアップロードした写真がページ上部に表示されるので注意。

 

写真ギャラリー・ポートフォリオにおすすめのTumblrテーマ

Styld | Tumblr

f:id:tsukuruiroiro:20161102112055j:plain

1枚1枚の写真が大きめのグリッドテーマ。英語のフォントがカッコイイ。

 

Indy | Tumblr

f:id:tsukuruiroiro:20161102112109j:plain

写真・文字・動画、どんなメディアも美しく整理してくれるテーマ。レスポンシブで、モバイル表示も綺麗。

※レスポンシブWebデザイン:デバイスの画面幅に合わせて、デザインの表示が変わること。

 

Fixed. | Tumblr

f:id:tsukuruiroiro:20161102112119j:plain

下にスクロールしていくだけで、写真や動画が全画面大で次々と表示されていく。見る側の負担がかからないし、写真の迫力も伝えやすい。 

 

その他、Tumblrのおしゃれなテーマはここでたくさん見つけることができる

Theme Hunter

f:id:tsukuruiroiro:20161102112040j:plain

 

 

Tumblrで好きなだけページを作り、好きなように使う

ぼくは、友達との旅行写真・思い出写真をTumblrページでまとめることが多い。新しいページを作るのは5分程だし、綺麗に写真をまとめることができるので、大抵とても喜んでもらえる。こだわりだければページを開いたときに音楽が再生することなんかもできる。→「tips! | SCM Music PlayerをTumblrに設置してみる

 

 

オリジナリティーのあるポートフォリオにしたければ…

もし、テーマのデザインをさらにカスタマイズしたい場合には、最近国内で始めて出版されたTumblrのカスタマイズ本「Designing Tumblr デザイニング・タンブラー」がおすすめ。HTML/CSSなどに関する知識は少し必要かもしれないが、とても分かりやすく書かれている。

f:id:tsukuruiroiro:20141027191342j:plain

カスタマイズがうまく出来るようになれば、サーバーなどを借りずに無料でTumblrでオリジナルサイトをいくつでも作れるようになる。

ぼく自身、個人で飲食店などのWebサイト制作の仕事を請けるとき、Tumblrでサイトを作ることを提案することが多い。色んはじめにデザインさえ作ってしまえば更新はとても分かりやすいし、維持費がかからないからだ。ひとつ自分でベースとなるテンプレートを持っていればいろんなところで使いまわせる。

ぜひ、いろんな用途でTumblrを使うことをオススメしたい。

 

こちらの記事もおすすめ!