読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LITERALLY

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

TOEICで900点超えたので勉強方法をまとめてみる【堅実な英語学習ステップ】

f:id:tsukuruiroiro:20161102004319j:plain

先日、人生で二度目に受けたTOEICの点数が900点を超えたので、今更感満載だが、ぼくなりのTOEICの勉強法についてまとめてみる。TOEICのスコアアップのノウハウは、色んなところで書かれているが、あくまでもTOEICのペーパーテストの点数だけを伸ばす勉強法であることが多い。

人によってTOEICを受験する様々な都合があるのだろうが、ぼくのスタンスはあくまでも「英会話力を身につけた上で、TOEICでも高得点を取る」こと。

せっかく汗水たらして地道なTOEIC対策だけしても、英会話はできるようにならない。いざ外国人と話したいと思ったときに、なかなか言葉が出てこないはずだ。

逆に、英会話がある程度できれば、TOEICを取るのは簡単。文法を学んでいない帰国子女の人は大抵、事前に少し勉強しただけでTOEICで800点、900点ぐらいは取れる。

ということで早速、「英会話力を伸ばした上でTOEICで900点を突破するための効率的な勉強方法」を説明していく。

 

1.モチベーションを上げる

f:id:tsukuruiroiro:20161102004802j:plain

Skype Friend | Flickr

いきなり英語の勉強を始めようと思っても、英語勉強の習慣を身につけることは難しい。モチベーションを上げるにはTOEICの900点突破を目標にするより「自分の英語力の無さを痛感し、スラスラ会話したい」と思わせるのが手っ取り早い。

恥ずかしくても面倒でも、まず外国人と英語で話す機会を設けること。ぼくは始めて海外に行ったときに、自分の英語力の無さに絶望し、それからほぼ毎日英語を勉強するようになった。海外に行く機会がなくても、最近ではオンライン英会話の授業が激安で受けれる。英会話スクールに通うより10分の1以上安いし、深夜でも自分の都合に合わせて授業が受けれるから効率的だ。

DMM英会話など、今では優良のSkype英会話サービスが多くあるので、まずは無料体験でも試してみることをオススメする。話せなければ話せないほど、英語勉強欲が湧いてくるはずだ。

 

2.単語を覚える

f:id:tsukuruiroiro:20161102004810j:plain


Man with Headphones | Flickr

今使っている単語帳があれば、その中に載っている単語を徹底的に覚える。そんなに難しくない受験用の単語帳で問題ないが、CD付きであることは必須だ。音声無しでは、単語は頭に入りにくいし、どれだけ覚えても話すときには一切役に立たない。

イディオム(英熟語)までまとめて効率的に学ぶには「DUO 3.0」が良い。560つの短いフレーズの中に英単語とイディオムが上手く織り交ぜられている。ぼくはDUOの英文を200回以上繰り返し聞き、文頭の1,2単語を聞くだけで、その後の英文が自然と出てくる程にまでなった。英単語の覚え方を下にまとめてみる。

  • 1つのセクションごとに何度もリピートする。単語帳の最初〜最後のページまで進み続けていたら、一瞬覚えたこともすぐに忘れてしまう(有名なエビングハウスの忘却曲線)。単語帳の構成にもよるが、例えばDUOなら同じセクションを最低5回は繰り返し、それから次のセクションに進んでいくのが良い。
  • 声に出しながら覚える。シャドーイング(音声を聞いた後、即座に復唱すること)が時間を有効活用できるし、頭に入りやすい。
  • 何回も繰り返す。通勤時間、寝る前など時間があるときには常に単語帳の音声を流しておくようにする。
  • 可能な限り、単語の日本語訳を覚えるのではなく、イメージを覚える。「Apple」を「りんご」と覚えるのではなく、赤くて丸いりんごのイメージを思い浮かべるようにする。
  • 単語帳の単語が9割覚えられるようになるまでは、覚えたい単語をノートにまとめたりしないこと。復習が面倒で結局やらないし、まとめる時間も勿体無い。

 

3.文法を学ぶ

f:id:tsukuruiroiro:20161102004546j:plain

 

TOEICで高得点を狙うなら文法をある程度学んでおくことは必須だ。また、文法を理解していたほうが、話すための英語を学ぶときにも効率が良くなる(こだわり過ぎも良くない気はするが)。

英文法については、大学受験用の参考書はお薦めできない。TOEICにさえ出てこない古い表現・使わない表現が多く入っているし、ただ丸暗記していくのは時間がかかる。前置詞をはじめとして英文法は、イメージで理解すると頭に入りやすく、後々応用も利く。イラストを使い、ネイティブの感覚で文法を丁寧に説明している「一億人の英文法」がかなりおすすめ。丸3日あれば読破できる。

この1冊を何回か繰り返し(定期的に)読めば、他の参考書で英文法を学ぶ必要はない。あとは英語に接していく中で自然と理解し、覚えていくはずだ。

 

4-1.英文に触れる機会をつくる

f:id:tsukuruiroiro:20161102004722j:plain

 

英語の読解力をつけるのに、参考書を使う必要はない。参考書でいちいち和訳をチェックしながら読み進める勉強法は時間がかかるし、スピード重視で大まかな理解させできれば良いTOEIC向きではない。

読解力を上げるための一番の方法は、日常生活でできる限り英語に触れるようにすること。長丁場で集中力勝負のTOEICにおいても、普段から英語に触れていれば集中力も続きやすい。

下にいくつかぼくが実践した方法を挙げてみる。

  • 英語のメディアから情報収集する習慣をつける。最初こそしんどいが、慣れれば情報収集源が増えて楽しい。WIRED.com(テクノロジー・ライフスタイル系)やBUZZFEED(エンタメ系)が内容が軽く、読みやすい。また、BBC NewsNYTimesなどのニュースアプリを入れておくのも良いかもしれない。
  • 気になったことはWikipedia(英語版)で探してみる。しっかりとした英文のものが多く、内容もわかりやすくまとまっていて読んでいて楽しい。
  • 洋書を1冊読んでみる。Kindleを持っているのであれば、安く買えるし辞書機能で分からない単語がすぐに調べられる。「洋書ビジネス書ベストセラー」あたりから1冊読んでみると、英文の読解力・速読力が大きく伸びる。ちなみにぼくは王道の「Steve Jobs」を読んだが、TOEICの読解問題レベル程度の難易度だったので丁度よかった。
  • 海外の映画やドラマを吹き替えで見ない。できれば英語字幕で観る。綺麗な英語を学ぶならディズニー系の映画、ネイティブが日常生活で使うような英語を学ぶならフレンズのようなドラマがお薦め。ただ、自分が好きな映画をセリフを覚えてしまうほど繰り返し観るのが一番。

  

4-2.外国人と話す機会を作る

英語で会話する機会を作ることは、「リスニング力」と「英会話力」を伸ばす最も効率的な方法だ。実際に1対1で会話することで、英語特有の聞き方が分かるし、発音を直してもらう機会にもなる。日本人の苦手とする「th」や「r」の発音は座学ではなかなか出来るようにならない。相手にその都度、発音を指摘してもらうことで段々と綺麗な発音ができるようになる。自分が綺麗な発音ができるということは、相手の話す単語が聞き取れるということでもある。また先ほども書いたが、英語の勉強のモチベーションを上げるのにも、会話する機会を持つことは一番手っ取り早い。 

 

今ではSkype英会話という格安のサービスがあるので使わない手はない。Skypeでフィリピン人を中心に、外国人との25分/回のマンツーマンレッスンが受講でき、料金は1ヶ月¥3,000〜¥5,000程。1日1回まで受講ができ、毎日受講すれば1ヶ月3000円で30回×25分のレッスンが受けれる。E◯Cなどの英会話スクールに通うのが馬鹿らしくなるほどの安さだ。

毎日とは言わなくても25分のマンツーマンレッスンを週3,4回の頻度で、3ヶ月間続ければリスニング力・英会話力は間違いなく大幅に伸びる。ぼくはいくつかのオンライン英会話サービスを使ってきたが、DMM英会話が値段が最も安く、先生の質も高かった印象を受けた。どのサービスを選ぶにせよ、一度無料の体験レッスンを受けてみることをおすすめする。

フィリピン人の先生が圧倒的に多いので発音のなまりを心配する人も多いが、フィリピン人の発音はアメリカ英語に近く、ネイティブ並に綺麗なことが多い(インド人やインドネシア人の英語は訛っていることが多いが)。ぼくはフィリピン人の先生の授業を3ヶ月間受けて英会話を学んだが、アメリカ人やヨーロッパ人の友達と問題なく英語で会話ができている。

 

5.TOEICの模擬テストを繰り返し受ける

Exam
Exam | Flickr

ここまでの手順を堅実に行ったら、一度TOEICの模擬テストを受けてみる。はじめての模擬テストで800点を超えることができれば、あとはTOEIC対策で900点まで伸ばせるのではないかと思う。800点以下であれば、そこから900点までTOEIC対策やテクニックで無理やり伸ばすより、弱点を見極めて2〜4のステップに戻ったほうが効率が良い。

TOEIC対策は、ひとつの模擬テストを何度も繰り返すことが重要だ。

TOEICの模試を繰り返し受けたところで、リスニング能力や読解力は簡単に上がらない。ただ、繰り返しやることでTOEICの問題・解答のパターンがつかめてくる。TOEICはパターン問題が多い。簡単な例を挙げると、リスニング問題の解答には「I have no idea.」のような曖昧な返事が正解になることが多い。何回も繰り返していれば、一部のみ聞き取れるだけでもなんとなく正答が分かるようになってくる。読解問題でも同様だ。

使用する模擬テストは「TOEIC新公式問題集」で決まり。このシリーズの1〜2冊を繰り返しやれば良い。

 

ぼくなりの勉強法をまとめてみた。もうひとつ個人的なアドバイスを言うと、新しい参考書を何冊も買ったり、新しい英語アプリをたくさんダウンロードしないこと。同じものを何回も繰り返すことで定着が早くなる。これと決めたものをとことん使い倒すことが重要だ。

 

関連記事