読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LITERALLY

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

人気ブログを作るための5つの方法論「バズる記事の書き方」から「読者の増やし方」まで

SEO

f:id:tsukuruiroiro:20150118203830j:plain

今回はブログ運営の具体的な方法論について、5つのテーマに分けて書いていく。「良質な記事作成のための考え方」等についてもまとめていくので、ブロガーだけでなくWebメディアの運営者の方々にも是非読んで頂きたい。 

目次

  1. ブログ(メディア)の戦略とコンセプトの決定
  2. バズりやすい記事を書く
  3. ライティング力の向上とコツ
  4. 記事のネタ探しの方法
  5. 読者の増やし方

 

①ブログ(メディア)の戦略とコンセプトの決定

ブログの戦略やコンセプトを整理しておくと、後々壁にぶつかったときに乗り越えやすい。 いくつか整理しておくべき項目をあげておく。 ただし自分の文章力や記事の内容に自信があるのであれば、下のようなことは考える必要はないだろう。

 

コンテンツ:何をネタに記事を書いていくか

コンテンツ大雑把には次のように分けられる。ブログ作成前に、自分が更新できるコンテンツは何があるか整理してみると良いだろう。

  • 自分の経験をベースにしたモノ(仕事の出来事、旅行記、映画、グルメ、ペット、ブログの運営状況… 普段の生活で面白い生活をしていればいるほど、コンテンツの希少価値は上がる)
  • 自分が知っている知識(経済・金融の知識、プログラミングなど仕事のノウハウ、海外旅行のノウハウなど)
  • まとめ (価値あるモノを自分のフィルターを通して整理する。 「まとめ」や「キュレーション」というと悪名高いバイラルメディアが浮かんでしまうが、バイラルメディアはまとめてるというより転載しているに近い。重要なのは自分のセンスとフィルターを持ってまとめることだ。これだけネットに情報が溢れている中では、誰かが情報を整理しなければユーザーは欲しいものに辿り着けない)
  • 独創性を持って考えたこと・考えた意見 (”自分の経験をベースにしたもの”と重なる部分もあるが、”考える内容”は幅広い。ただしこれは他の人と違ったセンスや価値観を持っていることが必要になる。個人的にいつも感動しているのは、ナナオクプリーズさんの「桃太郎が●●だったら」系の記事)
  • その他 (トラックバック: ニュースへの意見、他のブログ記事への意見、インタビューなど)

 

デザイン戦略:そのコンテンツを魅力的に伝えるにはどのようなデザインが良いのか

写真の美しさや迫力を伝えたいのであれば写真が大きく表示されるデザインにするべきだし、バイラルメディア的なものなら記事下の関連記事やおすすめ記事が重要になる。読者に「夕食時に迷ったときに、まずこのブログで探そう」と思ってもらえるレシピブログを作りたいのであれば、カテゴリーごとなどで覧表示できるブログデザインが良いかもしれない。

またこれは時期によっても異なる。 例えばまだ記事が少ないときには、トップページを「記事一覧表示型」にすると格好がつかないので、旧型のブログのようにトップページから記事全文を表示させるデザインが良い。

今は大抵どのブログサービスにも多くのデザインテンプレートがある。理想のデザインテンプレートがなければ仕方がないが一度探してみる価値はあるだろう。 ちなみに最近はBlogger(グーグルのブログサービス)が良質なテンプレが多くて気になっている。 

⇒ 54 Best Free Blogger Templates 2014

 

その他の整理事項

あとは以下のようなことを整理しておけば十分かと思う。 大方のブログの方針が決まれば、あとは実際に運営しながら軌道修正していけば良いのだ。 

  • 競合状況他の同ジャンルのブログ(Webメディア)は盛り上がっているか。また、そのブログとの差別化ポイント
  • 流入戦略流入経路はどうするか。検索エンジン、ソーシャルメディア、何らかのコミュニティなど
  • 目標PVモチベーションを上げるために設定しておくと良いかもしれない

 

②バズりやすい記事を書く

※バズる:TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアで急激にシェアされること

まず、なぜ「人々がなぜSNSでシェアするのか」そのモチベーションを分析してみよう。シェアするユーザーの心理は以下のように分けられる。

 

シェアの5つの心理パターン 

  • 感動したからシェア 人間には「自分が感動したものを周りに伝えたい欲」がある。そして、自分が紹介したもので誰かが感動してくれるのはとても嬉しく感じるものだ。自分がおすすめした映画を友人が気に入ってくれると嬉しい、など
  • 自分の優秀さを示すためにシェア (「概ね同意」などと書いてツイートしておけば、なんとなく賢い雰囲気を演出できる。難しい記事をシェアすれば「こんなことも理解する自分」「情報に敏感な自分」を演出できる
  • 文句が言いたいから / 深く同意したからシェア (記事があまりにもくだらなかったり、間違っていたりすると文句が言いたくなる。その記事への流入増加に貢献してしまうことと分かっていても、怒りのあまり批判付きでシェアしてしまう[炎上マーケティング]。逆に深く同意・共感したときも思わずシェアしたくなってしまうものだ
  • ストックするためにシェアためになる記事だったから、ストックする意味を込めてシェア
  • 友人に伝えるためにシェア (「コスパ最強の焼肉店」を紹介している記事があれば「誰か今度行こうよ」と誰かに伝えるためにシェアをする、など

例外はあるだろうが、大抵の「シェアの心理」は上の5つに分類される(宣伝等をのぞく)。バズりやすい記事かどうかチェックするときには、上の5つを照らしあわせてみるとよいだろう。

 

バズりやすい記事とは

個人(ブロガー)が書くバズ記事の大半は「役に立つ記事」か「批判 / 同意したくなる記事」だ。

「役に立つ記事」を書くには、自分が詳しい分野で、知っている限りの情報を詰め込めば良い。記事のネタもどんな分野であれ、自分が詳しく語れることについて書くべきだし、知らない部分があれば徹底的に調べるべきだ。それは自分自身の勉強にもなる。

そして「やや役に立つ情報」は、まとめて1記事にしてしまおう。 量産した少し役に立つ記事のどれか1つがバズる確率より、それらを全て集約した記事がバズる確率のほうが高い。また「やや役に立つ記事」を量産し、その要約記事を作ることも有効(ヘッダーのカスタマイズ方法⇒ ブログのデザインのカスタマイズ方法を全部まとめてみた、にする等)

 

「批判 / 同意したくなる記事」を書くには、常識や世間的な空気とは正反対のことを書けば良い。以前「中途採用面接で、志望動機を聞かれて「もっと給料が欲しかったからです」と回答した人がいた」という記事がかなりバズっていた。この記事には「仕事はお金よりやりがいでしょ」という世間の空気に相反する考え方を提示されていた。

叩く人と、深く同意する人2パターンが顕著に別れる記事は典型的なバズりやすい記事だったりする。とはいえ、批判したくなる記事ばっかり書いていればそのうち無視されてしまうので注意。

  

バズの初速を作り出す

読者が数人のため、良記事を書いているのにバズまで到達しないということがある。 これは仕方がないことで、読者が増えるまで更新し続けるというのが必要になる。SEOの強さ(検索エンジンでの上位表示のされやすさ)とソーシャルメディアのシェア数は一致しない場合も多いのので、我慢して質の高い記事を書き続けよう。

ただ一応いくつか打つ手を紹介しておく。あまり効果がある方法ではないので注意。

 

ツイッターアカウントを成長させる

ツイッターは良いものをなかなか見逃さない。とてつもなく面白いことをツイートすれば、たとえフォロワーが30人でも1000リツイートされる場合もある。ハッシュタグなどフォロワー数に関係なく見てもらえるような機能もある。そしてフォローも気軽にする人が多いので、有益なことをつぶやき続ければフォロワー数は増えていく。ブログのためにツイッターのフォロワー数を増やすというのは少し滑稽だが、片手間にやってみる価値はある。

 

紹介・引用し、それを伝える

たとえば、まだ知名度の低いITベンチャーは、自分たちのWebサービスが記事内で紹介されれば「●●というブログで紹介されました」とシェアしてくるかもしれない。ブロガーにとっても、自分の書いた記事を褒めてくれている記事はシェアしたくなるものだ。ぼく自身は1回しかやったことがないが、そのときはツイッターでシェアして頂けた。

 

③ライティング力の向上といくつかのコツ

構成力と文章力はブロガーの必須スキルだ。なるべく短い時間で構成を考え、流れるような文章が書けるようになりたい。

このあたりは書くことで覚えていく部分が大きいが、基本的な原則は学んでおいたほうが効率は圧倒的に上がる。 文章力を鍛えるツールとしてお薦めしたいのは「考える技術・書く技術」だ。この本で紹介されている論理展開の方法を意識しながら文章を書けば、記事の説得力は大幅に向上する。

論理的に筋が通った文章を書けるということは、論理的な思考ができている証拠でもある。 人間は言葉で思考をする生き物のため、文章力は顕著に思考力に反映するのだ。ブログで思い通りの結果が得られなかったとしても、鍛えられた文章力は今後の人生で必ず活きてくる。

 

効率的に記事を作り上げる

書きたいことがいくつもある(ような気がする)場合、すぐに文章を書き始めることはよくない。書くことは何なのか、まず全部洗い出してみよう。 ぼくが実践している具体的な方法は次のようになる。

  1. 文章を考える前に、1分間×3〜4セット「記事で触れたいこと」を思いつく限り紙に書き出す(ゼロ秒思考の方法)
  2. 書きだされたことの共通項を探り、大テーマに分類する。 この記事であれば(①コンセプト・戦略関係 ②バズ関係 ③ライティング関係…など)これを大見出しとする。
  3. 大テーマ内でさらに文章の構造に上下関係がないか探る。その中でさらにカテゴリー分けをする。 このカテゴリーを中見出しとする。

「ゼロ秒思考」は「2014年に読んで衝撃を受けた本 TOP10」でも紹介したが、この方法をざっくりと書くと、1分で考えたこと・思いついたことを「箇条書き」でとにかく大量に書きなぐっていくこと。1分という制約があることで漫然と考えてしまうことを防げるし、頭の中をスムーズに整理できる。

 

断言する

ここからはテクニックに過ぎないので参考程度に。

誰かを説得する文章を書きたければ、断言するようにしよう。どんなテーマであれ、読者は何らかの答えを探している。世の中に”絶対”がないと分かっているからこそ、正解らしく見えるものを好むのだ。「多分こうじゃないか」と思うことも言い切ってみよう。

 

構成に迷ったら「●●の10の方法」とまとめる

文の構成や流れに困ったときは、書きたいことをただ箇条書きしてしまうのが簡単だ。 箇条書きしたもののうち、まずまとめられるものはまとめてしまおう。そして残った項目を「見出し」として、その下に補足を書いていく。さらに見出しには①〜⑩等と数字をつける。たとえば箇条書きした項目が8つあったら、タイトルは「◯◯に言いたい8つのこと」や「◯◯をする8の原則」などとそれらしく設定してしまえば良い。こうすることで多少流れが前後していても読みやすくなる。

 

④ネタ探しの仕方

一応、記事のネタ探しの方法もまとめておく(ネタが思いつかないのであれば、無理に書く必要はない気もするが)。

本屋に行く

本屋はネタの宝庫だ。大型書店であれば10万以上の書籍があり、内容はともかくどれもが記事になりうるテーマについて書かれている。10分本を物色しながら歩きまわるだけで、記事のネタが3つは見つかるだろう。 そして、たくさんの本を読もう。そこからネタは見つかるし、知識やアイデアの大量のインプットは記事を書くときに必ず活きてくる。

  

雑誌(BRUTUS)を読む

ブログやメディアの記事は、文量や流れなどの点で雑誌の記事と似ている。 また、ネタ選定のお手本と言えるのがBRUTUSだ。1号1号でテーマが全く変わるのに、毎回読者をワクワクさせてくれる。⇒Brutus バックナンバー 

以前、こういう記事もまとめたので参考にしてみると良いかもしれない。⇒発想が素晴らしい『BRUTUS』の特集テーマネタをまとめてみる

 

過去のバズ記事を参考にする

過去のヒット記事を見てみれば、どのようなテーマの記事がヒットしやすいかが分かってくる。ヒット記事の中で自分が詳しい分野について書かれた記事があれば、同じテーマで書いてみてもよいだろう。ほとんどのユーザーは3か月前に深く感動した記事の内容も忘れてしまうものだ。ただしテーマを参考にしても内容はあくまでもオリジナルで。自分の考え方や意見、経験を書かなければ説得力がでない。

歴代はてブ多い順 / 全期間のランキング

 

⑤読者の増やし方

最後と読者獲得について。このブログの読者はまだ合計で700人近くとまだ少ないが、これほど貴重でありがたいことはない。読者が0人あれば、どれだけ良質な記事を書いてもバズは起こらない。

 

読者登録ツール

基本的には次の3つを読者登録のツールに用いると良いだろう。

  • Facebookページ Facebookページでシェアした内容は「いいね」を押してくれたユーザーの元に届くようになる。Facebookページを作成したら、記事を更新するたびにURLに何か一言を加えて投稿するようにしよう。ただし1日に何度もブログを更新し、その度にfacebookページでシェアしていれば読者にストレスを与えてしまうだろう
  • ツイッター Facebookに比べて1ツイートが軽いためユーザーにストレスを与えにくい。さらにツイッター上で多く拡散されることはニュースアプリで紹介される確率を上げる。ツイート数はSmartNews等のニュースアプリの記事選出のアルゴリズムにも利用されているからだ
  • Feedly 最も多くのユーザー数が多いRSSリーダー。読者登録数あたりのクリック率は低いが、ユーザーはかなり多いので導入しておきたい

 

訪問者数を増やす

読者数を増やす手っ取り早い方法は”バズる”ことだ。ブログを始めたばかりの頃はなかなか読者が増えていかないだろうが、一定ラインを超えると加速度的に増えるようになる。バズる⇒読者獲得(バズりやすくなる)⇒バズる⇒読者獲得(バズりやすくなる)というポジティブなスパイラルが起こりやすくなるからだ。訪問者数を増やせばそのうちの何%かが読者登録してくれる。

 

読者登録率を上げる

とはいえ訪問者数を増やすより、読者登録率は上げることの方が断然簡単だ。

まず読者登録ボタンの位置を考えてみよう。ブログの読者数がまだ少ないのであれば、必ず広告より目立つところに読者登録ボタンを置いたほうが良い。このあたりについては国内サイトだと「旅ラボ」が参考になる。スクロール型で記事が次々と表示されていくWebデザインで、スクロールしていると必ずFacebookページのLikeboxが目に入る。さらに、各タイトル下の記事のシェアボタンの横にきっちり「Facebookページのいいねボタン」が入っている。 このように自分のサイト構成に似ている人気Webメディアやブログを参考にしてみると良いだろう。

他に、読者登録率を上げるためのいくつかの方法を簡単にまとめておく。これについてはあくまでも個人的な仮説であることに注意。

  • 匿名より実名のほうが読者登録されやすい読者は「その人の記事が読みたいから」だけでなく「その人について詳しく知りたいから」という理由でも読者登録をするため
  • 非匿名であれば、覚えやすいニックネームとサイトタイトルを設定する そのサイトを印象づけるポイントがあると読者登録はされやすい。「このブログは何度か見かけるがいつも良い記事書いている」と思ってもらうことが読者登録につながるためだ。これはこのブログを始めたときのぼくの最大のミス。「Literally リテラリー」というサイトタイトルは読みづらいため、なかなか印象に残りにくいのだ。覚えやすいニックネームの代表例は「ちきりん」
  • 画像アイコンをインパクトがあるものにとくにシンプルなイラストは印象に残りやすい。イラストがなければ動物も良さげ
  • 捨て記事を量産しない (日記系ブログならとりとめのない記事も魅力のひとつだが、「有益な情報を書いていこう」というスタンスなら捨て記事によって「このブログは何回も読む価値はなさそうだ」と判断され兼ねない

 

(ちなみに)収益の上げ方

上に挙げた方法を実践してまず人を集める。人が集まれば、どれだけでもマネタイズの方法はある。まず、次のアフィリエイト広告サービス(ASP)に登録すれば良い。参考までに僕が利用しているASPをまとめておく。

とはいえ、くれぐれも収益をあげようと広告をベタベタ貼りすぎないように。

 

関連記事