読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LITERALLY

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

ブログ記事数が100に達したので過去記事を振り返る

まとめ

f:id:tsukuruiroiro:20161202143143j:plain

この記事で、LITERALLYの累計記事数が100を迎える。2年以上かかった。記事数は重要じゃあないが、100はキリの良い数字ではある。

今回はLITERALLYの過去記事のうち、思い入れの強い記事や、よく読まれた記事をまとめていく。

▼目次

  1. デザインについての記事
  2. 仕事についての記事
  3. テクノロジーについての記事
  4. 英語についての記事
  5. 海外旅行についての記事
  6. お気に入りのモノを紹介した記事
  7. その他、書いてよかった記事

 

1. デザインについての記事

まずはデザイン関係の記事から。最近書いたものが多め。

 

全ての人が知っておくべきデザインの基本原則

1946 B!

デザインの基本原則

何かと役立つデザインの基本原則や、すぐに実践できるテクニックをまとめた記事。

コピペで使えるオシャレな配色パターン見本集 25

1335 B!

配色パターン

「ググっても結局どの配色にすべきか分からないよなぁ」と感じたので書いた。気軽に使える4〜6色の配色見本集。

さくっとイメージで学ぶ、配色の基礎知識

163 B!

配色基礎知識

配色の基礎知識と、色彩の心理学をまとめた記事。なるべく堅苦しくならないように書いたつもり。

独学ウェブデザイン勉強法

1584 B!

ウェブデザイン勉強法

ブログをはじめた頃に書いた記事。今もこの勉強法が1番じゃないかと思っている。

デザイナーにおすすめの本13冊

177 B!

デザイナーにおすすめの本

と言いながらもノンデザイナーにもおすすめ。とくに"インスピレーション刺激本"たちは。

フリーランス・デザイナーが0から仕事をもらうための戦略

673 B!

デザイナーにおすすめの本

これも随分と昔書いた記事。フリーランスになったばかりの方には参考になるかも。

 

2. 仕事についての記事

次に仕事系の記事で、思い入れのあるものをまとめる。

 

仕事ができる人とできない人の25の違い

1764 B!

仕事ができる人・できない人

実はこれ過去記事のリメイクだ。過去に「仕事ができる人になるための方法論集」という記事を書いたところ全くウケなかった。そこで半年後くらいに「仕事ができる人と…」と表現を直して再公開した(内容は同じ)。するとバズった。いかに見せ方が大事か学ばせてもらった記事。

大企業病の感染⇒発症⇒末期症状までのプロセス

503 B!

大企業病

気づいたらfacebookで1万いいね!されていた記事。大企業に勤める方は是非読んでみてください。

聴衆を惹き付けるプレゼン・スライドの作り方

486 B!

プレゼンスライド

論理的で美しいプレゼン資料の作り方をまとめた。すぐに実践できることをたくさん書いた。

分かりやすい資料作りのための図・グラフ参考アイデア集

100 B!

図・グラフアイデア

図表表現のアイデアをひたすら紹介していく記事。上の記事と合わせて、是非プレゼン資料作成時に参考にして頂きたい。

誰にでもできる効率的な会議の進め方

65 B!

効率的な会議

あまり読まれなかったけど、僕自身がとても気に入っている記事。効率的に会議を進める現実的な方法を全部つめこんだ。

精神論抜きで"生産性"を向上させる方法

378 B!

生産性を向上させる方法

随分と昔に書いた記事。生産性向上でググると精神論ばかりヒットしたので書いた。

誰にでもできる効率的な会議の進め方

65 B!

効率的な会議

あまり読まれなかったけど、僕自身がとても気に入っている記事。効率的に会議を進める現実的な方法を全部つめこんだ。

誰とも会わずに稼ぐインターネットの副業の方法23

1127 B!

副業の方法

「副業」と検索するとFXや胡散臭い方法をおすすめする記事ばかりヒットしたので書いた。

 

3. テクノロジーについての記事

テクノロジー系の記事はときどき備忘録を兼ねて書いている。個人的には「Amazonで買ってよかったもの」なんて記事よりもよっぽど読む価値があると思うが、どうもあまり読まれないのがこれらの記事の特徴である。そして、読まれないがゆえに「物欲を刺激する近未来感たっぷりのガジェット12」みたいな記事をまた書いてしまうのは、己の弱さゆえである。

 

2030年 自動車の未来

20 B!

自動運転・EVが変える世界

全然読まれなかったが、個人的にはこのブログの記事を「読む価値のある」順ランキングに並べたなら、トップ3には入れる。2030年までこのブログが残っているのであれば、是非答え合わせをして頂きたい。

知っておきたいフィンテックの知識

39 B!

フィンテックとは

話題のフィンテックについて、丁寧に解説した。

2020年のブログ、Webメディア、ニュースアプリの未来

49 B!

webメディアの未来

ずいぶんと昔に書いたので、扱っているテーマが若干古いが、今でも意見は(ほとんど)変わっていない。

【職業別】人工知能により消える仕事、変わる仕事

19 B!

人工知能 消える仕事

「人工知能により消える仕事」というのは多くの人が気になっていることだろうということで、考察してみた記事。

テスラのEVのスゴさを11点に分けて説明

121 B!

tesla テスラ

テスラというと、CEOのイーロン・マスクばかりが取り上げられて「じゃあ結局テスラ車の何がすごいの?」ということにあまり触れている人がいなかったので書いた。

 

4. 英語についての記事

あくまでも個人の体験に基づいて書いた記事たち。

 

最短ルートで英語をマスターする現実的かつ効率的な勉強法

412 B!

英語・英会話勉強

英語の勉強法についての記事は巷に溢れていて、結局何をすれば良いか分かりづらい。そして、参考書ばかりが増えていく。なので「これだけやれば十分」というような記事を書いた。

英語を習得する本当のメリットを知っているか

649 B!

英語メリット

英語を学ぶ利己的な理由をまとめた記事。

すぐに使える、気の利いた英語のフレーズ集25

502 B!

英語フレーズ集

ネイティブとの会話を盛り上げるのに使えるフレーズ集。参考までにどうぞ。

英語ペラペラになるための最強の英会話学習教材

65 B!

英会話の教材

ハイクオリティな教材を使って、英会話スキルを上げるための方法をまとめた。

 

5. 海外旅行についての記事

過去の海外放浪経験を活かして、旅について記事もいくつか書いている。

 

海外個人旅行のテクニックと節約術

1109 B!

海外旅行のテクニック

航空券やホテルを安く取る方法から、トラブルへの対処法まで、事細かくまとめた記事。

海外一人旅をとことん楽しむコツとおすすめの国 10選

120 B!

海外一人旅 おすすめ

一人旅の楽しみ方と、おすすめの国をまとめた。

バックパッカーのための海外旅行の持ち物 チェックリスト

523 B!

英語フレーズ集

自分が旅を通して「持ってきてよかった」と感じたモノを淡々とまとめた。バックパッカーにかぎらず海外旅行に行く人はこれでチェックすると安心かと思う。

海外旅行でべらぼうに節約するクレジットカード活用術

65 B!

海外旅行クレジットカード

分かりづらい海外でのクレジットカードの使い方や現金の手に入れ方を全部まとめた。この記事を読めば、海外旅行でのクレジットカードの利用・お金の持ち方には困らないはず。

 

6. お気に入り・おすすめのモノを紹介した記事

色んなジャンルで気に入っているモノを記事にしてちょこちょことまとめている。

 

買ってよかったAmazonのおすすめ商品たち

1122 B!

amazon おすすめ

買ってよかったものを厳選した。ガジェット系が多くなってしまった。

iPhone歴6年の僕がおすすめする「神アプリ」47選

1538 B!

おすすめのiphone神アプリ

僕がiPhoneに入れているおすすめのiPhoneアプリ集。これは書くのに結構時間がかかった記憶がある。

世界中10万枚写真を撮ってきた僕がおすすめのカメラ&レンズを紹介

424 B!

おすすめカメラ・ミラーレス一眼

まだカメラ初心者の頃、おすすめの一眼レフをググったら「初心者はこのくらいのカメラで十分ですよ」みたいな意見が散見され腹が立ったことがあった。「いや、初心者でも本当に良い写真を撮りたければ、良いカメラを買うべきだろ」と思い続け、満を持して書いた。

濃密な学びが得られるおすすめの本 11冊

2287 B!

おすすめ本

「読んだ後に何か残る本」というテーマで本を選んでみた。

世界の起業家のおすすめ本 10冊の書評

43 B!

世界起業家 おすすめ

つい先日書いた記事。「スゴイ人がおすすめする本はスゴイ理論」に則って本を選んだら、やはり名著だらけだった。

 

7. その他書いてよかった記事 

 

これから 

これまで、自分なりに量より質を大切にして書いてきたつもりだ。とはいえ、こう振り返るとまだまだだなと感じざるを得ない。

これからはもっと質を上げていきたい。その質の高さとは記事を長文にすることではない。読み手に求められていることを、求められている量だけ書く。「毎日更新する」なんてことにはこだわらず、「読んでよかった」と思えるような記事を書くことに、これからは徹底的にこだわっていきたい。

なんにせよ、ここまでブログを書いてこれたのは、読んでくれた方がいたこと、そして記事に反応してくれた方がいたこと、記事を広めてくれた方がいたこと、これに尽きる。これしかない。

これからも何卒よろしくお願いします。