LITERALLY

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

世界で10万枚写真を撮った僕がおすすめのカメラ&レンズを紹介(ミラーレス一眼・デジタル一眼レフの選び方)

f:id:tsukuruiroiro:20161014100252j:plain

海外放浪をきっかけに本格的に写真を撮るようになりました。

海外にいる間は、常にカメラを首から下げ、写真を撮り歩いていました。山の上から朝日を撮るために朝3時に起き、トレッキングに出ることもありました。パタゴニアの氷河の前で凍えそうになりながら、6時間崩落を待つこともありました(本当に寒かった)。

f:id:tsukuruiroiro:20170120100135j:plain

日本に帰ってきてからも旅行にいくたびにカメラを持ち出し、写真を撮っています。ここ5年間の撮影枚数は15万枚を超えています。

 

今回は次の3つについて解説していきます

  1. 分かりやすいカメラとレンズの選び方
  2. おすすめのカメラ
    ぼくなら今どのカメラを選ぶか
  3. おすすめのレンズ
    ぼくなら今どのレンズを選ぶか

f:id:tsukuruiroiro:20161031233202j:plain

イグアスの滝 by NEX-5N(SONY ミラーレス一眼カメラ)

現在「おすすめ カメラ」と検索しても、細かい性能差を比較した記事ばかり出てきてします。

性能差を見ても結局どのカメラが良いのか分かりません。一眼レフカメラをはじめて持つ人からすると、そもそもどの部分を重視すべきか分かるわけがないですよね。

だから、今回ぼくはカメラとレンズの選び方について「このカメラが良いよ!」というような説明をしていきます。

専門的な知識がなくてもわかるよう「このカメラとこのレンズを使えばこんな写真が撮れる」というような説明をしていきたいと思います。

 

カメラとレンズの選び方 

f:id:tsukuruiroiro:20170120100209j:plain

1. 本格的にカメラを趣味にしたいなら、いきなりでも良いものを買うのがおすすめ

ネット上のいわゆる“カメラ上級者”たちはすぐに「あなたくらいのレベルならこのカメラで十分でしょう」みたいなアドバイスばかりしますよね。

良いカメラを持っていても使いこなせなければしょうがないと言いたいのでしょうけど、いきなり良いカメラから始めるのも楽しいですよ。

上級のカメラでもカメラの操作方法はほとんど同じです。使いこなせるようになるまで撮り続ければいいだけの話です。今のレベルなんて気にする必要はありませんカメラをとことん極めたいなら、いきなりでも良いものを買ったほうが安上がりです。そして、そのほうが撮るのが楽しくなります。

 

カメラ選びでは2つのポイントを重視しよう

そんなことより、次の2点を基準にしてカメラ選びをしましょう。

  1. 最終的にどのレベルまでカメラを極めたいか
  2. どんなシーンで使うのか

 

2. 良いボディより良いレンズを

良いカメラ(ボディ本体)を選ぶより、良いレンズを選んだほうが手っ取り早くいい写真が撮れます。カメラをこれから始めるなら、このことを知っておきましょう。ボディーに10万円、レンズに2万円費やすより、5万円のボディーに5万円の良いレンズを合わせたほうが良い写真が撮れるのです。これは本当。

f:id:tsukuruiroiro:20170120090805j:plain

EOS 6D × 単焦点レンズ 30mm F1.4

それに加えて、ボディーはたとえば買い替えれば古いものは使わなくなりますが、レンズはボディーに関わらず共通して使える場合が多いです。レンズの方がリセールバリューも落ちにくいのです。そのため、中途半端に良いボディーを買うより、良いレンズを買うことをおすすめします。

 

3. まずはF値が小さい単焦点レンズがおすすめ

F値とは、絞りがどれだけ開いているか(=光をどれだけよく取り込むか)を表す値です。レンズにはそれぞれF値が決まっています。「このレンズはF値が3.5〜4.5」というようなイメージです。

 

F値が小さいレンズほどよくぼける!

このF値を小さく設定できるレンズほど、ボケ味の強い「一眼レフらしい写真」を撮ることができます

例えば「EF28-105mm F3.5-4.5」という名前のレンズなら

  • 28-105mm焦点距離(=このくらい手前からこのくらい遠くまで撮れるよ〜というもの。)
  • F3.5-4.5というのがF値(=値が小さいほどぼける!)

ちなみにF1.8以下のレンズは、本当によくぼけます。

F値を小さく設定すると、レンズが光を多く取り込み、ボケ味のある写真を撮ることができます。たとえばCanonの30mm F1.4レンズで撮った写真はこんな感じ。

f:id:tsukuruiroiro:20161031234043j:plain

Sonyのミラーレスに50mm F1.8レンズを使った写真はこんな感じ↓

f:id:tsukuruiroiro:20161031234052j:plain

「50mm F1.8」というレンズの場合、焦点距離が「50mm」で幅がないですよね。つまり、これはズームができない「単焦点レンズ」と呼ばれるものです。遠すぎても近すぎてもいけないから、ちょうど良い位置まで自分が動かなければなりません。

その代わりうまく距離が決まれば、ボケ味のある「これぞ一眼」というような写真が撮ることができます。単焦点レンズは比較的安く売られています。そのためF値の低い単焦点レンズを1本は持っておくことをおすすめします。

 

4. ボディーを選ぶ:次の3タイプから絞る

ボディーを検討するときには、少し乱暴だが「次の3つのうちどれにするか」というところから絞ってみましょう。予算はだいたいのイメージです。

f:id:tsukuruiroiro:20160507012804j:plain

ミラーレスとAPS-Cとフルサイズで何が違うのかざっくりとまとめておきます(例外あり)。

  • ミラーレス一眼
    軽くて持ち運びしやすい。ボディーは安く手に入る。レンズ次第では他の一眼レフカメラに匹敵する写真が撮れる。ただしレンズの種類は少なめ。
  • APS-C 一眼レフ
    ミラーレスよりも高画質。フルサイズより望遠に強い。
  • フルサイズ 一眼レフ
    高画質。APS-Cよりセンサーサイズが大きく(同じ画角の場合)よくボケる。ボディー重いものが多め。

最終的には予算と用途に合わせて、コスパの良いボディーを選ぶと良いでしょう。

 

レンズは使いまわせる!

ちなみにレンズはだいたい同じメーカーのカメラには使いまわすことができます。ただし、以下のことに注意しましょう。

  • ミラーレス用のレンズは、ミラーレスでしか使えない場合が多い
  • APS-C専用のレンズは、フルサイズに対応していない場合が多い。
  • フルサイズで使えるレンズは、APS-Cにも使える。

 

5. 一眼レフならCanonからNikonどちらか。ミラーレスならSonyがおすすめ。

一眼レフ(APS-C/フルサイズ)にするならキヤノンからニコンどちらかを選ぶことを強くおすすめします。なぜなら世界的にシェアの大きい2メーカーで品質は間違いなく、レンズの種類も豊富だからです。メーカーを絞っておけばレンズを共有しやすく、機種を買い替えたくなったときにも都合が良いのです。

ミラーレスなら、どちらにせよ一眼レフに買い替えたときにレンズは共有できないため、CanonやNikonどちらかから選ぶ必要はありません。ぼくは色んなメーカーのミラーレスを試しましたが、使いやすさ、手への馴染みからSonyのミラーレスを選びました。今でもあの選択は間違っていなかったなと心から思います。

f:id:tsukuruiroiro:20161031234105j:plain

SonyのミラーレスNEX-5Nで撮影@トルコ

  

6. レンズキットはやめよう。ボディー単体で買ってレンズは別買い。

カメラはボディーとレンズがセットになって売られているものと、ボディーだけで売られているものがあります。

ボディーとセットで付いてくるレンズは微妙なものが多く、せっかく一眼レフを買ってもスマホ撮影とそう変わらない写真しか撮ることができないかもしれません。

そのためボディーは単体で安く買い、レンズは自分で選ぶことをおすすめします。

  

おすすめのカメラとレンズの組み合わせ

で、結局おすすめのカメラは何なのかっていうことを場合分けをして書いていきます。ぼくなら「これを買う」というカメラ&レンズの組み合わせを、用途・予算別にまとめます。(表記する値段は2016年12月時点)

 

【予算:5万円】旅行などでスマホよりオシャレな写真をサクッと撮りたいなら

 SONY α5000 パワーズームレンズキット

ズームレンズセットで軽くて持ち運びやすく、操作もしやすく、旅先で風景やポートレートを撮るにはぴったりです。ボケ味のある写真を撮りたければ、また慣れてきたときに50mm F1.8のレンズなどの単焦点レンズを買い足すことをおすすめします。

 

 SonyのミラーレスNEXの中古50mm F1.8のレンズ

(2〜3万円 + 3万円弱)

f:id:tsukuruiroiro:20160507145724p:plain

ボケ味のある本格的な写真を予算5万円で撮りたいのであれば、中古に手を出すしかありません。

今なら2〜3万円程で買える中古のSonyのミラーレス一眼のボディに、新品の50mm F1.8(3万円弱)の単焦点レンズなんかを合わせれば結構良い感じになります。ポートレート写真や料理を撮るにはぴったりです。

ただし、単焦点なので目の前に広がる風景全体を撮ろうとすると、このレンズでは焦点距離が長く、全体を写しきることができません。しばらくしたら、ズームレンズを買い足すことをおすすめします。

 

【予算:7万円】使い勝手の良さ+一眼レフでの撮影感を味わいたければ 

Canon Kiss X7 + ズームレンズ 17-50mm F2.8

( 4万円弱 + 3万円弱)

 

f:id:tsukuruiroiro:20160507151205j:plain

ボディーもレンズも新品で買って7万円以内に抑えられます。操作性や持ち運びやすさはミラーレス一眼に劣るものの、「ザ・一眼レフ」というような本格的な写真を撮ることができます。

また、3万円弱で買えるSIGMAのレンズ 17-50mm F2.8は、ズームしてもでF2.8で撮影することができます(普通、ズームするとF値が合わせて上がってしまう)。ボケ味のあるポートレートも撮れるし、風景全体をくっきり撮ることもできる使い勝手最強のレンズです(これは本当におすすめ)。

また、1.5万円程で買えるCanonの単焦点レンズ50mm F1.8もおすすめです。

CanonではなくNikonで同等のカメラを買うならD3300でしょう。こちらもボディー単体で3.5万円程で買うことができます。

 

【 予算:10万円】本格的にカメラを始めていきたいなら広角レンズを買い足す

本格的に写真を趣味にしていきたいなら、さきほどの組み合わせに3万円程の広角レンズを足してみましょう。広角レンズを使えば、スマホでは撮れないような迫力のある風景を撮ることができます。また、夜景や星をとるときにも広角レンズは最適です。

広角レンズを買うのであれば、長い目で見るとフルサイズにも対応しているSAMYANG 14mm F2.8 がコスパが良くておすすめです(Canon用もNikon用もSony用もあります)。

f:id:tsukuruiroiro:20161031234125j:plain

 

 予算:20万円 フルサイズ一眼レフ+ 単焦点 + 広角

EOS 6D + 広角14mm F2.8  + Canonの単焦点レンズ50mm F1.8

(15万円弱 + 3.5万円弱 + 2万円弱) 

20万円の予算ならこちらの組み合わせがおすすめです。EOS 6Dはフルサイズ一眼レフの中で破格の値段にも関わらず、性能は”カメラの歴史を変えた”と言われる5D Mark ⅱをしのぎます。

何よりボディーが軽く、手軽にカメラを持ち出したい人にとってはこれ以上ないカメラです。これに風景を撮るための広角レンズと、ポートレートや料理を撮るための単焦点レンズを合わせれば、間違いなく多くのシチュエーションで満足のいく写真を撮ることができます。

動きのあるものを撮るのであれば、ボディーだけでなくレンズキットで買うと良いでしょう。

↓EOS 6Dで撮影した写真

f:id:tsukuruiroiro:20161031234435j:plain

予算が30万円あるなら、さらに上級機種のCanonのEOS 5D mark ⅲNikonのD800になるのでしょうが、ここまで買う人はきっと自分で細かな数字を見て調べるに違いないのでここでは割愛します。

 

ぼくのカメラ歴 

最後に、参考になるか分からないけれども、ぼくのカメラ歴を書いておきます。

Sony NEX-5N(ミラーレス一眼)

海外放浪が始める前に中古で購入。ボディーが軽く、海外で街中を歩き回ったり、トレッキングをするには最高でした。ぼかして料理や人を撮るときには50mm F1.8のレンズを使い、風景全体をはっきりと撮るときや、遠くにいる動物を撮るときにはタムロンの18-200mm F3.5-6.3を使っていました。

▼トルコ カッパドキア by NEX-5N 

f:id:tsukuruiroiro:20161031234138j:plain

 

Canon EOS 7D(APS-C)

ミラーレス一眼からステップアップしたくなり購入しました。動きのあるものを撮る分には良かったが、他は可もなく不可もなくという感じ。当然のことですが、ミラーレス一眼よりレンズが安く種類も多いのが良かったですね。

ただしアウトドア好きの自分にとっては少し重く感じられました。レンズは基本的に30mm F1.4をつけて撮影していました。つまいずいたときに大破してしまっため買い替えることに・・・

▼ by EOS 7D

f:id:tsukuruiroiro:20161031234148j:plain

 

Canon EOS 6D(フルサイズ)

EOS 5D mark ⅲと迷いましたが、金額的にずいぶんと安かったので6Dを購入しました。これが大正解。初のフルサイズ一眼レフでしたが、ボケ味も画質も素晴らしく、しかも軽く持ち運びしやすいいのです。購入して本当に良かったと思います。今後も長く使っていく予定です。

 

おまけ:三脚を買うなら・・・

三脚を買うならAmazonで買える3WAY三脚がコスパ最強です。