LITERALLY

知っておくと楽しい知識をまとめて紹介

聴衆を惹きつけるプレゼンをするための6つのコツ:パワーポイントで美しいスライドを作ろう

f:id:tsukuruiroiro:20161101130143j:plain

プレゼンテーションはいくつかのポイントを押さえれば、大幅に分かりやすく、説得力があり、オーディエンスの心を掴むものになる。今回はパワーポイント等でのプレゼン資料の作り方のポイントを5つに分けて紹介する。

 

1. 作り出す前に構成をざっくりと考える

f:id:tsukuruiroiro:20161101000801j:plain

聴く人の腹に落ちるプレゼンテーションをしたければ、まず構成を練ろう。行き当たりばったりで、思い付いたことをスライドにまとめると、最も伝えたいメッセージが薄れてしまったり、論理構造が狂ってしまう可能性があるからだ。一方で、実際に手を動かしてスライドを作っていく中で良い表現は浮かんでくるのも事実。

そこで最低限、あらかじめ次の2つをざっくり書き出すようにする。

  1. 最も主張したいメッセージ (結論)
  2. プレゼンのどこかしらに盛り込みたいこと

次に、書き出されたものを見ながら、どうやって(1)結論までのストーリーを作るか考える。以下に、そのストーリーの代表的なパターンを紹介する。

 

2. 結論までのストーリーの作り方

演繹法でロジックを組む

利用シーン:社内プレゼン/企画提案/報告会等

f:id:tsukuruiroiro:20160703215113j:plain

大前提から始まり、データを出しつつ結論まで論理展開する。社内プレゼン等、説得力のあるプレゼンテーションをしたいときに有効。ロジックに飛躍がないか、ヌケモレがないかしっかりと見て構成を考える必要あり。

 

帰納法でロジックを組む

利用シーン:社内プレゼン/企画提案/報告会等

f:id:tsukuruiroiro:20160703215114j:plain

良質な事例・データを集めれば、説得力のあるプレゼンになる。事例・データから結論へと違和感なく繋がるよう、しっかりと因果関係を考える必要がある。

 

ポイントに分けてまとめる

利用シーン:勉強会/研修/製品発表

f:id:tsukuruiroiro:20160703215112j:plain

伝えたいことを何点かのポイントに分けて説明していく(例:Webデザインスキルを向上させる10つのポイント)。すっきりとまとめやすい上、聴く人も頭の切り替えができて理解しやすい。また、自社の製品をプレゼンするときにも「見どころ・長所」をいくつかのポイントに分けて伝えていくような構成は分かりやすい。ポイントどうしにダブりが出ないように注意。

 

時系列で話していく

利用シーン:自分の経歴や、一連の過去の出来事を発表するとき

f:id:tsukuruiroiro:20160703215115j:plain

構成を考える上ではこの上なく楽だが、うまくメリハリをつけないとグダってしまう恐れあり。

 

大まかな結論までのストーリーを考えたら、上述の「⑵プレゼンテーションのどこかで盛り込みたいこと」を、ストーリー上の最適な部分に割り振っていく。ここまで出来たら、実際にパワーポイント(もしくはKeynote等)を使ってスライド作成に取り掛かる。

 

3. 内容の深さを保ったまま、文字を減らす

文字を読まされれば、エネルギーを消耗する。また、長文が書かれていれば、口頭の説明よりも、文字を読むことに意識がいってしまう。プレゼンテーションが上手い人は、スライドの文字を極限まで減らし、視覚的に理解できるような表現をする。文字が少なくとも、内容は濃い。よいプレゼンとはそういうものである。ここでは文字を減らす方法をいくつか紹介する。

 

できる限り文字を減らし、矢印などの記号を使って表現する

例)

×「日本は島国であるため、外国人観光客にとっては少し訪れにくい国です」 

◯「日本は島国 → 外国人観光客が訪れにくい」

 

ポイント

 ①「〜である」「〜のため」などは使わない

 ② 因果関係は文章ではなく「矢印」で示す

 ③「少し」などの曖昧な表現はできるだけ削る

 ④  分かりきっていることは削る(日本が「国」ということは誰もが分かっているため不要)

 

少なくとも箇条書きをする

× 文章で書く

例)日本は東アジアに位置する面積約38万㎢の国で、人口は1億人を超える

 

△ 文章で箇条書き

日本の特徴

 ・東アジアに位置する
 ・面積は約38万㎢
 ・人口は1億人を超える

 

◯ 統一感のある箇条書き

日本の特徴

 ・位置:東アジア
 ・面積:約38万㎢
 ・人口:1億人以上

 

◯ 数字を振っても頭に入りやすい

日本の3つの特徴

 ① 東アジアに位置
 ② 面積は約38万㎢
 ③ 人口は1億人以上

 

4. 図・グラフなど視覚的な表現をする

文字を減らすのには限界があるため、視覚的に理解しやすい工夫をする。

数字は図示

f:id:tsukuruiroiro:20160705230040j:plainFREE Infographic Elements - Dribbble

数字データは文章で書かない。過剰なくらいに図で表現する。割合なら円グラフ、推移なら棒/折れ線グラフ。棒グラフで表現するときにオシャレにスッキリ見せるコツは、ベースのグラフなどを単色で控えめにして、強調したいポイントに 色を使うことだ(上の画像のような感じ)。

 

手順はフローチャート

f:id:tsukuruiroiro:20160705231650j:plain

また、何かの手順を見せたり、今後の予定を示したり、過去の歴史を振り返るときにはフローチャートやタイムライングラフィックを作るとよい。フローチャートのテンプレートはパワーポイントに入っている。Photoshopを持っているのであれば、グーグルで「Timeline infographic free download」なんかでググれば、オシャレなテンプレートををダウンロードすることができる。

※ちなみにパワーポイントで「スマートアート」や「図形」の挿入をする場合、「(図形を右クリック)図形の書式設定」から影や枠線を消すと、少しスッキリする

 

表は分かりやすく、美しく

f:id:tsukuruiroiro:20160708212715j:plainWeb Design Pricing Table Template

細かな数字を見せたい場合は表を使っても良いが、エクセルで作った表をそのままパワーポイントに貼り付けてはいけない。どこに注目するべきか一目で分かるように、色を変えたり、フォントを変えたり、丸で囲ったりするとよい。また上の画像のように(少し極端だが)カラフルに色をつけたり、フォントを工夫してみても良いだろう。

アニメーションも活用したい。表を使うときのアニメーションのバリエーションには以下のようなものがある。

  1. 数字を全て見せておいて、最も大事な部分をアニメーションで丸く囲ったり、線を引いたりする。
  2. 最初は表の枠だけ見せて数字は空欄に。アニメーションで順番に表示させていく(1列ずつ、1行ずつ、1セルずつ等)。
  3. 数字の傾向を分かりやすく見せるために、フォントの色をアニメーションで変える(例えば「国×年間平均気温」の表があったとき、最初は全て数字を黒にする⇨アニメーションで25℃以上の数字を橙色に変えて、10℃以下の数字を水色に変える)

※(Power Point Tips)文字の色をアニメーションで変える方法はこちらを見ればすぐに分かる。

 

見る人を妙に納得させるマトリックス図

f:id:tsukuruiroiro:20160708214131j:plainGoz — Berk Ilhan

たとえ、大したことを言っていなくとも、ごく当然のことを言っていたとしても、不思議と説得力があるように見えるのがマトリックス図である。ぼく自身、この方法をよく使って表現するが目に見えてウケが良い。実際にとくに意味がないことであっても、上の画像のように表現するとそれらしく見えるのである。いくつか表現のコツを挙げると

  1. マトリックス図上に載せるものは、文字よりもアイコンやロゴ、写真。直感的に分かる表現をするとカッコよく見える。
  2. アニメーションを利用する。 はじめは軸のみ見せて、次にフェードインアニメーションで競合を見せて、大事な部分は最後に表示させる。
  3. 変化や進化を表す場合は、対象画像やロゴごとアニメーションで上下左右に動かす(例えば上の画像で、左下に位置していたものが、よりreactiveかつinclusiveに進化した場合は、右上にアニメーションでスライドさせる)。

 

聴衆を納得させる視覚表現のアイデア集

その他の図表表現のアイデアはこちらの記事にまとめてある。資料作成のときの表現方法に困ったときには参考にしてみると良いかもしれない。

 

5. 画像・イラスト・アイコンを入れる

文字だけで埋まったスライドは見る気にならない。目的に応じて、イラスト等を入れるだけで随分と華やかなプレゼンになるものだ。ここでは、写真やアイコン、イラストを探すときに便利なサイトを7つ紹介する。どれも無料で利用できる。

オシャレなアイコンならハンコでアソブ

f:id:tsukuruiroiro:20161101124633j:plain

 ゆるいイラストなら いらすとや

f:id:tsukuruiroiro:20161101124649j:plain

 

あるいはいらすとんもゆるくて味がある

f:id:tsukuruiroiro:20161101124701j:plain

 

線で描かれたゆるいイラストならLine illustration labo

f:id:tsukuruiroiro:20161101124717j:plain

 

使い勝手のよいピクトグラムならhuman pictogram 2.0 

f:id:tsukuruiroiro:20161101124727j:plain

 

シルエット素材ならシルエットデザイン

f:id:tsukuruiroiro:20160705234628j:plain

 

6. 遊び心を入れる

社内プレゼンでは入れないほうが良いかもしれないが、もしプレゼンを華やかに見せたいのであれば以下のような遊び心を入れてみても良いだろう。目新しい表現をすることで、聴衆をプレゼンに集中させることができる。

 

フォントや図を手書き風にしてみる

f:id:tsukuruiroiro:20161101124857j:plain

Font Collection: 10 Free Handwriting Fonts

全て手書きにするとクドく見づらいが、スポット的に手書き表現を使うと新鮮に見える場合がある。手書きフォントは、インターネット上にWindows・Macともに無料でダウンロードできるものがたくさん落ちているので、探してみると良いだろう(手書き風の日本語フォント一覧)。また、手書きの図表などをスキャンしてパワーポイントに貼り付けるという手もある。

 

吹き出し表現を使ってみる

f:id:tsukuruiroiro:20161101124919j:plain

漫画風の吹き出しをプレゼンに使うと目新しさもあるし、何かとまとめやすかったりする。吹き出しにそのスライドのトピック(タイトル)を書くという手も有効だ。例えばWebデザインの勉強の仕方についてのプレゼンなら、自問自答形式で吹き出しの中に「Webデザインの勉強って何から始めればいいの?」と書く。そして、その下に「はじめの一歩としておすすめなのは・・・」と続けていく。スライドの左上に吹き出しを小さく載せてもよいし、スライドにめいっぱい大きくのせるのも良い。ちなみに、吹き出し素材を探すなら「フキダシデザイン」で決まり。

 

いっそのこと、キャラクターに喋らせてみる

f:id:tsukuruiroiro:20160706000208j:plain

上のキャラクターは、僕が過去に旅についてのプレゼンテーションをした時に作った「ちきゅうくん」である。gifアニメーションにより、常に頭上の葉っぱが左右に揺れ動いているのが「ちきゅうくん」の特徴だ(ニュースアプリSmartNewsのイメージキャラクターも「地球くん」だが、僕の作った「ちきゅうくん」のほうが何年前に誕生しているし、ルックスも圧倒的にクールである)。この地球くんに重要な部分で喋らせた(叫ばせた)ところ、とてもウケがよかった。

 

iPhoneなどのデバイス上に表示させる

f:id:tsukuruiroiro:20160708222824j:plain

インターネットで探せば、iPhoneやiPad、パソコンなどの画像素材がたくさん見つかる。それらのデバイスの上に画像をうまく調整してのせれば、少し先進感を醸し出すことができる。Photoshopを持っているのであれば、とくにモックアップ素材を使わない手はない。「PSD mockup free download」とググってみよう。

 

プレゼン資料作成スキルを上げるのにおすすめしたい本

一生使える 見やすい資料のデザイン入門

プレゼン資料のデザインについて書かれた本で、唯一心からおすすめできる本だ。デザイン初心者でもすぐに実践できる具体的なデザインのコツがすっきりとまとめられている。

一生使える 見やすい資料のデザイン入門

 

PowerPoint デザイン素材集Z

パワーポイントを使う機会が多いのであれば、テンプレートをストックしておくべきだ。プレゼンの基本的な構成の型はそう変わらないのだから、毎回ゼロから作るべきではない。すでにあるものを使いまわし、修正し、さらに使い勝手の良いテンプレートを作る。そうやってプレゼンの作成工数は少なくなり、精度は上がる。ベースとして、パワーポイントにはじめから入っているテンプレートを使っても良いが、どこかイマイチのものしか入っていない。この本ではCDから数多くのイケてるテンプレート素材をインストールすることができる。デザインの美しいスライドを気楽に作れるようになることを考えれば、有効な初期投資といえるだろう。

PowerPoint デザイン素材集Z

 

 

こちらの記事もどうぞ!